*mix-twinsの成長*

1歳のmixtwins(男女の双子)ママ*あわただしい双子育児の日常・便利グッズをご紹介していきます♪

【注文住宅】ウィザースホームに決めた理由7つ!失敗・後悔しないためのヒント②【新築一戸建て】

こんにちは!まりー( @mix_twins2)です^ ^ 

 

我が家が横浜近辺に家を建ててから、もう1年ちょっとがたちます。

 

愛情たっぷりの我が家♡

それでも後悔しているところ、失敗したなと思っているところもあり、もちろん悩んだ結果、成功・満足しているところもあります。

 

私たちが注文住宅を建てる際に知っておきたかったこと、あの頃の私たちに伝えたいことを含めて、シリーズ化してまとめておこうと思います^ ^

 

*1回目の我が家の仕様や土地選びのヒントはこちら*
www.mixtwins.com

 

 

これから…いずれ注文住宅を建てる考えのあるかたのヒントにもなれば嬉しいです♪

 

 

ホームメーカー【新昭和ウィザーズホーム】に決めた理由7つ

土地の次に重大な決断をする、【ホームメーカー】選び。(順番が逆のかたもいらっしゃいますね)

 

我が家は住宅展示場を多数巡り、3社から詳細な見積もりを出してもらい、最終的に【ウィザースホーム】に決めました。

 

結果的に大成功だったと思っています!

理想通りの家を、予算少しオーバー笑のお値段で建ててもらえたので満足しています^ ^

 

そんなウィザースホームの良さをまとめてみました!

 

1.ツーバイシックス

ウィザースホームの構造体は【ツーバイシックス】

 

2×6(ツーバイシックス)とは?

まずよく聞く2×4(ツーバイフォー)と在来工法の違いからご覧ください。

 

在来工法とも呼ばれる木造軸組み構造は、柱や梁などの軸組みで支える工法です。地震や強風などの建物を揺らす力に対して、軸組みがひしゃげてしまわないように「筋交(すじか)い」と呼ばれる部材を斜めに入れて補強します。

樹齢が長く太い木から取られた良い材料を使い、腕の良い大工が熟練の技で木の癖や習性を活かすように組み上げていけば、強く長持ちする家ができます。工期が長いこと、職人の力量や使う材料によってバラつきが出ることが難点です。

 

通称2×4工法と呼ばれる枠組壁工法は、フレーム状に組まれた木材の骨組みに合板を打ちつけたものパネル化し、それらを壁・床・天井に使い六面体に組み合わせる「面」で支える工法です。地震や強風などの外力を“面”で受けとめ箱状の六面体で支えるため、一般的に頑丈で、耐震・耐火・気密・断熱等の性能も高いのが特徴です。

また、工期が在来工法に比べて短く、使用部材などが規定・標準化されている為、作業する職人によってバラつきが出にくいのもこの工法のメリットと言えるでしょう。日本では骨組みに2×4インチの木材を使う事が多いため、2×4工法と呼ばれています。しかし、床から施工していく為、雨の多い日本では構造部分や断熱材などが施工中に濡れやすいことと、大型の部材を使い、大量の釘を打って固定するため、施工に体力がいる事などが欠点とされています。

 

 引用:

2×4、2×6って何?|セキスイハイムの木の家|グランツーユー

 

この『面』で支える2×4を、さらに強化したものがツーバイシックスです。

f:id:mix-twin:20181206135615j:image

施行中に雨に濡れやすいといったデメリットはありますが(実際に施行中に雨が降り、びしょ濡れになりました)、耐震性が高く、機密性に優れているのは魅力的です。

 

f:id:mix-twin:20181219181543j:image

このように、2×6工法は床・壁・天井を“面”で囲んでいるのでとても強いです。

地震のエネルギーも建物全体でしっかりと受け止めます。

一般的な木造軸組工法などに比べ力を一点に集中させず、効率的に分散するので、変形に強く優れた耐震性があるのです^ ^

 

この構造はスペースシャトルや新幹線、自動車などに採用されているそうですよ!

 

詳しくはウィザース公式ホームページをご覧ください♪▼

コンセプト&テクニカルゾーン|新昭和ハウジングスクエア

 

 

 2.気密性

お家の暖かさは『窓』がかなり重要です。

下記のように、外気は窓から影響を及ぼします。

f:id:mix-twin:20181219181725j:image

ガラスはとても熱を伝えやすい素材なので、たとえば冬の窓ガラスの表面温度は外気とほとんど同じ温度まで冷えてしまいます。そのため、建物全体の断熱性能が高い住まいほど、熱の出入りが多い窓の遮熱高断熱化が欠かせないポイントになってきます。「超・高断熱」の住まいを実現するウィザースホームでは、業界トップレベルの遮熱高断熱性能を発揮する「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」 を標準で採用。窓にもこだわった住まいづくりを実践しています。

 

ガラスは単板ガラス→複層ガラスと多層になるほど断熱性能がアップします。ウィザースホームが採用する「Low-E複層ガラス」は、室外側ガラスの内面に赤外線を反射する特殊な金属膜をコーティング。これによって夏は日射熱を遮り、冬は暖かさを閉じ込めます。さらに、2枚のガラスの間に熱を伝えにくい「アルゴンガス」を充填。冷暖房効率を大幅に高め、一般的な住宅に比べ約1.9倍の断熱性能を発揮します。

 引用:

ウィザースホームは「窓」の仕組みが違います!|断熱のこだわり|知って納得!理想のマイホーム ウィザースホームのこだわりを見てみよう!|ウィザースホーム

 

つまり、窓の構造が家全体の機密性に強く影響するということ。

【夏は熱を遮り、冬は暖かさを閉じ込める】これが一番ですね♪

 

さらにウィザース採用の窓は冬場の結露も全然ありません!

のちほどお話する展示場で結露の実験も行なっていました。

 f:id:mix-twin:20181206135657j:image

 

3.外壁タイル

外壁は

■モルタル

■サイディング

■タイル

の3種類がメインになっているかと思います。

 

個人的にはたくさんの種類があり、おしゃれなサイディングをいいなと思っていたのですが、ウィザースでタイルの説明を聞いたら一目惚れしてしまいました♡

 

f:id:mix-twin:20181219181636j:image

これ!こんなの理想なんですよ♡

実際はこんな大きいお家建てられなかった…>_<

 

f:id:mix-twin:20181219181644j:image

こんな風に一部のタイルの種類を変えることも可能です。

私が思っていたより、タイルの種類が多いのにびっくりしました!

 

 f:id:mix-twin:20181206135701j:image

展示場ではこんなにいっぱい…!テンションが上がります♪

 

実はこのタイル、ウィザース開発でこのように様々な種類があるんだそう。

住まいの外壁材の中でも、美しさや重厚感、耐久性で外壁タイルが優れていることは良く知られています。でも、“初期費用が高い”と初めからあきらめてしまうケースも多いのではないでしょうか。
ウィザースホームでは、高品質なオリジナル外壁タイルを自社開発することでコストを抑え、憧れの“タイル貼りの住まい”を叶えていただけるように取り組んでいます。オリジナルタイルはデザインや色のバリエーションも豊富。ぜひ、個性あふれる理想の外観デザインを実現してください。

引用:

ウィザースホームは外壁タイルを纏う「外観デザイン」にこだわります!|外壁タイルのこだわり|知って納得!理想のマイホーム ウィザースホームのこだわりを見てみよう!|ウィザースホーム

 

そうそう。

タイルはサイディングやモルタルに比較して、10年先、20年先のコストパフォーマンスが断トツにいいのです!

 

面白い例えを教えてもらいました。

f:id:mix-twin:20181219181656j:image

カタツムリの殻はいつもキレイ!

それは湿った空気や雨水が細かい溝のある殻の表面に膜をつくり、汚れの付着を防いでいるから。

外壁タイルもこれと同じ「親水機能」を備えているため、たとえ汚れが付着しても雨が降れば雨水で洗い流されてしまうセルフクリーニング性を発揮するのです。

 

タイルはカタツムリの殻のように、長年経過しても綺麗なまま。

なのでモルタルの塗り替えや、サイディングの張り替えのようなコストがかからないんですよね^ ^

 

4.24時間換気システム

換気システム3種類あります。

下記が分かりやすいです!

 

f:id:mix-twin:20181206140032j:image

住宅の24時間換気と3種類の換気方法を徹底解説!

 「24時間換気システム」には、給気と排気の両方を機械で行う「第1種換気」、給気だけを機械で行う「第2種換気」、排気だけを機械で行う「第3種換気」があります。ウィザースホームでは、様々な条件下で計画的に換気ができる「第1種換気」を標準で採用しています。

 

ウィザースは第1種換気であり、さらに暑い空気も冬の冷たい空気も、室温に近い温度に変換する全熱交換タイプ。

また、特殊フィルターで、アレルギーを引き起こす花粉やホコリを除去してくれます。

小さい子がいても安心です^ ^

全館空調・24時間換気システム「AIR VERY(エアヴェリー)」|ウィザースホーム|注文住宅のハウスメーカー

 

5.収納に力をいれている

希望すれば『収納カウセリング』を受けられ、今ある家具、モノをどこに、どのように収納するか一緒に考えてくれます。

 

“はじまり”と“おしまい”の間に「MONOプレイス」。

食事をする、テレビを観る、勉強をする、本を読む、家事をする・・・
何かをしようとするとき、その“はじまり”から“おしまい”まで
必要なモノが、使う時に取り出しやすく、しまいやすい場所にある。
それが、ずっと続けられる“キレイ”の秘訣です。
適材適所の収納アイテムが揃ったオリジナルシステム収納「MONOプレイス」は
暮らしの中のあらゆるシーンで、心地よい時間と空間をもたらしてくれます。

さらに、ウィザース特製の収納用品がたくさんあり、我が家もテレビ台やトイレの収納、洗面台の収納を採用しています^ ^

 

f:id:mix-twin:20181206140014j:image

片付く収納の家「MONOプレイス」|ウィザースホーム

 

6.千葉の住宅館LABOで具体的なイメージが湧いた!

ウィザースは千葉に大きな展示場があり、私達は武蔵小杉から営業さんが車を出してくれ、さらにお昼はサービス券を頂き、提携しているファミレスでご馳走してもらいました^ ^♪

 

この展示場、また行きたいくらい楽しかったんですよ♪

 

構造・断熱材・外観・設備・インテリアの5つのエリアで実際に体験しながら、理想の住宅のイメージつくりができるようになっています。


f:id:mix-twin:20181206135645j:image

先ほどのタイルはもちろん、建具や瓦など実際に色味や質感を確認できます。


f:id:mix-twin:20181206135648j:image

キッチンの吊り棚の高さや、床暖房を体感して考えることもできます。


f:id:mix-twin:20181206135652j:image

照明や壁紙、エコカラット…これからの設計にとても参考になりました!

住宅館LABO|新昭和ハウジングスクエア

 

7.営業さん、建築士さんが親身 

我が家は武蔵小杉の展示場をメインに訪れていたのですが、そこの営業さんが本当に落ち着くかたでした。

 

迷っていた他の2社は、正直担当のかたと合わないな…と思っていました。

 

私達は土地が決まっていて焦っていましたが、契約前に間取りやかなり細かい仕様まで決め、値段交渉などもしていたので、とても慌ただしい客だったと思います>_<

 

ですがウィザースの営業さんは、細かい質問にも快く答えてくれ、値段交渉にも本当に…申し訳ないくらいに頑張ってくれたと思います。

 

打ち合わせ中も、双子妊娠で辛い私をいつも気遣って頂き、ちょうど先ほども双子ちゃんのクリスマスプレゼントを届けてくれました^ ^♡

1年以上たっていて、武蔵小杉からも遠くなりましたが、毎年双子ちゃんのことも気遣ってくれるのはとっても嬉しいです。

 

もちろん大きな買い物なので、ホームメーカーは家の性能やコストで決めましたが、多少なりとも営業さんの人柄も加味されたかな、と思っています^ ^

 

次回はやっと家のこと、まだまだ続きます♪

 

*前回のシリーズはこちら*

www.mixtwins.com