*mix-twinsの成長*

1歳のmixtwins(男女の双子)ママ*あわただしい双子育児の日常・便利グッズをご紹介していきます♪

【義実家との絶縁】その後どうなる?孫が産まれると関係性は変わる?

 こんにちは!まりー( @mix_twins2)です^ ^ 

 

今日はリアルな世界ではなかなか言いにくい話題、【義実家との絶縁】について。

 

■どうして絶縁にまでいたったのか?

■絶縁したいけど、どうしたらいいのか?

■絶縁のあとはどうなったのか?

■孫が産まれると関係性、心境は変わるのか?

 

現在義実家との関係性で悩んでいるかたに読んでもらいたいです。

*嫁の立場からの話なので、嫌な気持ちになりそうなかたは、そっとページを閉じてくださいね。

 

 

なぜ義実家と絶縁にまでいたってしまったのか?

◯義実家に帰省するのが憂鬱

◯義両親があまり好きではない

などの話はよく聞きますが、【絶縁した】というのはあまり聞かないかなと思います。

あまり話したい話でも、聞きたい話でもないですもんね>_<

 

なぜ私たちが義家族と絶縁にまでいたってしまったのか、それを思い出していこうと思います。

 

*以下、【】内が後ほど知ったお義母さんの本音です。

 

結婚前〜結婚後数ヶ月は関係良好…だと思っていた 

初めて義両親にお会いしたのは『プロポーズ前』お付き合いして半年くらいの時でした。

 

温かく歓迎して頂き、とても楽しい時間だったのを覚えています。

【しっかりしてそうで、悪い子ではなさそうね】

 

それから数ヶ月後にプロポーズ。

【早すぎる!もっと何回も会って、まりーがどんな子なのか確認してからにして欲しかった!】

 

そして夫の家更新日の都合で、入籍を少し急ぎました。

そのため両家顔合わせはお互いの兄弟の都合が合わず、両親+私と夫の6人で行いました。

【入籍を急ぐなんて、まりーに急かされてるの!?顔合わせは兄弟もいれてみんなでやりたかった!】

 

入籍後、お互い共働きで、休日はゆっくりしたり、結婚式場の見学へとあっという間の日々。

【1ヶ月に1回は義実家に遊びに来るのが普通でしょ!?ご機嫌伺いの電話もしないで嫁失格だ!】

 

義両親と義兄さんには、申し出があり、新居への引越しを手伝ってもらいました。

その後夫が実家から忘れ物を届けてもらったのですが、私がそれを知ったのは義両親が到着する10分前。

まだベットの中でまどろんでいたので、急いで身支度して、部屋を整えお迎え。

 

義母さんには梅干しなどの差し入れを持ってきて頂きました。

【なんでこっちは差し入れも持ってきたのに、お茶菓子出したりちゃんともてなさないの!?『お義母さん』とも全然呼ばないし、可愛げがない!】

 

この時までは、私は義両親のことは慕っていましたし、お義母さんも表面上は優しく接してくれていたと思います。

 

そもそも4回しか会っていないので、すでにそんなに不満がたまっていたとは思いもしませんでした。

 

結婚式前にお互いに不信感。『結婚式欠席させてもらいます!』

でも上記のことは私にも改善の余地はありますし、『嫁とはこうあるべき』という考え方は、母の世代では持っているかたも多くいらっしゃると思います。

 

致命的だったのが、結婚式直前の暴言メールでした。

 

結婚式は入籍から8ヶ月後に行いましたが、夫が乗り気でなかったのに適当な返事を繰り返し、式の日程変更や式場の変更を乗り越えて…やっとの思いでその日をむかえました。

 

今冷静に考えれば、夫のその適当な言動が、お義母さんの暴言を引き出してしまったのだと思うことができます。

 

詳しくはプレ花嫁さんに向けたこちらをどうぞ▼

www.mixtwins.com

 

少し抜粋しますね。

義両親には逐一夫を通じて結婚式の詳細を相談し、

その都度夫は「なんでもいいって」「それでいいって」

という返事でしたが、いざ会場が決まって仮申し込みで10万を支払い、招待状を書こうとした時でした。

 

わたしの相談は夫の両親にはほとんど伝わっておらず、『自分たちを蚊帳の外に、嫁が勝手に決めた!』『結婚式でないからね!』と怒らせてしまいました。

 

夫を通して気遣いしていたつもりが裏目に出てしまったのです。

もちろん自分で直接連絡を取らなかった私の落ち度もありますが、適当に返事をし、きちんと自分の両親とコミュニケーションをとらなかった夫には憎しみさえ生まれました>_<

 

夫は『自分の親だし、なんでも許してくれるでしょ』『これまでも事後報告だったし』と思っていたようです。

確かにこれまでの就職や一人暮らしは夫の意思だったので、ご両親も後押ししてくれたのでしょう。

 

でも『結婚式』はご両親の親戚間での立場もあるでしょうし、事後報告となっては嫁である私の意見を優遇している、と受け止められてしまうのも仕方ありません。

 

それを理解せず、夫ではなく息子の気持ちのまま結婚式の話をすすめてしまったのが原因の一つだったと思っています。

 

この考えにいたるまでは、随分と時間がかかりました。

暴言があまりにひどかったんですよね。

 

【最悪な嫁だよね。

このままでうまくいくと思うなよ絶対許さない

ばかにしやがって、たいそうな嫁だよ

結婚式に行ってやるだけありがたいと思え何様だよまりー様

◯◯家ばかにしやがって

オマエの親父の年収いくらだお父さんなめやがって】

 

【やっぱり私は結婚式欠席させてもらいます

ふざけやがって何様だよ】

 

 

もうこんなに暗記してしまうほど読み込んで…泣きました。

絶対に忘れません。

 

なにより私の家族までも見下しているのが本当に許せませんでした。

 

返信はしなかったのですが、夫には見せました。

普段から怒ると暴言を吐くことがあったようですが、そこでやっと私の気持ちに寄り添ってくれ、結婚式を迎えることができました。

 

3年間一切の連絡をたった

義両親は結婚式に出席してくれましたが、一切言葉を交わさず、目も合わせずにおわりました。

 

その後、夫もあのメールには怒っていたので、『謝るまでは連絡してくるな』と自分が原因であることは棚にあげて連絡を断ちました。

 

年賀状なし、年明け・お盆の挨拶もなし、母の日父の日もなし…申し訳ないですが、とてもラクでした。

 

それでも暴言を思い出すたびに荒れて、一時はあんな人から産まれた夫自身を拒絶する時もありました。

夫の嫌な部分が、お義母さんと重なって見えてしまうんです。

 

そんな私の気持ちに、夫は怒ることも悲しむこともなく、受け止め続けてくれました。

 

そして双子ちゃんを妊娠・出産。

常に傍観者であったお義父さんだけ、入院中のお見舞いに来てくれました。

双子ちゃんを見に来たわけでなく、【私のお見舞い】に来てくれた…それがとても嬉しかったんです。

 

その後、双子ちゃんも見に来てくれました。

 

孫が産まれてから、義実家の態度が軟化

それからは夫とお義父さんは時々平日ランチをしていました。

(夜は双子育児で忙しいので)

 

お義父さんとは私やお義母さんの話は特にしていないようでした。

というか、まだ私がその話題に触れたくなかったので、聞くのを避けていました。

 

そして双子ちゃんが1歳8ヶ月。

義両親とは3年間会っていないことなり、お義母さんにいたっては双子ちゃんにも会っていません。

 

その3年間、夫はどんな気持ちだっただろう…

孫の顔を見せてあげたいと思ったこともあるだろうし、あんなに何度も「あんなこと言う人嫌い!」と妻に言われて、嫌な思いもしただろう

 

でも、一度も「そんなこと言わないで」「でもまりーにも悪いとこあったよ」など言わず、3年間全てを受け止め続けてくれた夫

 

そんな夫のため。

そして双子ちゃんのおじいちゃんおばあちゃんを奪う権利はないと思ったため、私から義実家へ行くことを提案しました。

 

全面謝罪のうえ、お付き合いが再開した今

3年ぶりの再会は、不安だったのが嘘のように、とても和やかでした。

 

お義母さんもお義父さんも写真共有アプリ「みてね」で毎日写真を共有してきたので、双子ちゃんに会えるのを楽しみにしていてくれたようでした▼

人気の写真共有アプリ『みてね』は義両親にも大好評!アップデートも早い! - *mix-twinsの成長*

 

私もお義母さんも何事もなかったかのように。

ただひたすら双子ちゃんの遊びに付き合っていました。

 

そして帰宅後、お義母さんから電話がありました。

【まりーちゃん、本当にごめんなさい。

色々反省しています。

これからもよろしくね。】

と謝ってくれました。

 

ただ夫へのメールには私の名前は呼び捨て。

相変わらず見下してる感あります。笑

 

義実家は家族というより『親族』大切にしないと壊れてしまう

こうして3年間の絶縁は、

■プライドの高いお義母さんが謝ってくれたこと

■3年の長い月日がお互いの感情を和らげてくれた

■双子ちゃんという孫が産まれたこと、お義兄さんの結婚が決まったことによる義実家の想い

■私の気持ちを受け止め続けた夫への気持ち

 

によって、消滅しました。

このどれか一つでもなかったら、私の気持ちはまだゴリゴリしていたと思います。

まだまだ暴言は忘れることができませんが、これからの関係を前向きに考えていこうと思えるようになりました。

 

義実家との関係性は家族ごとにそれぞれで、どれが正解か、どれがいいか、なんて一概にはいえません。

 

でも少なくとも私は、《義実家は夫を通して紙一枚でつながった関係》

《家族ではなく、親族》

でも…ご縁があってつながった、大切な人たち。

 

そんなふうに思っています。

家族は何があっても家族であることに変わりはありませんが、義実家と嫁は離婚してしまえば他人になってしまう、脆い関係。

 

でもだからこそ、お互いに大切に思い合い、人として基本的な礼儀を忘れずに付き合っていきたい…

そう願っています。

 

みなさんの義実家との関係…どう思っていますか?