*mix-twinsの成長*

1歳のmixtwins(男女の双子)ママ*あわただしい双子育児の日常・便利グッズをご紹介していきます♪

【ミルクの吐き戻し】いつまで続く?原因と対策は?【1歳すぎまで続いた体験談】

我が家の双子ちゃんは1歳5ヶ月。

新生児から…1歳くらいまでの間でしょうか、とにかく手がかかってかかって大変だったのです。

その中でも特に心配で大変だったのが、お兄ちゃんのミルク吐き戻し。

 

よく『噴水のように吐いたら病院へ』といいますが、噴水のように見えるし…と心配していました。

しかも月齢が進んでも、いつまでも吐くんですよ!

 

今回はそんな『赤ちゃんのミルクの吐き戻し』に悩んでいるママさんに読んで頂きたい話です^ ^

 

 

1日20回以上の吐き戻し

 2262gと少し小さめで生まれたお兄ちゃんは、新生児の頃はGCUに入院していました。

その頃は特に吐き戻すことなく、体重も順調に増えていました。

 

吐き戻しが始まったのは、退院して自宅に帰ってから。

ミルクは2時間おきに1日12回。

吐き戻しは…20回以上!

飲んだ回数より多いって^^;

 

とりあえずミルクを飲み終わってから盛大に吐きます。

ボゴボコボゴ…

(噴水のように見えましたが、きちんと体重が増えていればあまり心配はいらないとのことでした。)

 

そして大抵30分後にも口からミルクがつたっています>_<

 

1歳まで吐き戻し続けるお兄ちゃん

最後半年くらいまで1日20回以上吐き戻しは続きました。

一般的には吐き戻しは生後6~7か月、赤ちゃんがお座りができるようになるころに落ち着くと言われています。

 

でもやっぱり個人差があるんですよね!

お兄ちゃんは半年すぎてもミルクを飲むたびに吐いていたので、『いつになったら終わるんだろう…』と不安でいっぱいでした。

 

ようやく落ち着いたのは1歳すぎ。

長かったです…>_<

 

でもこんな子もいるんだ、ということを知ってもらうことで、今不安なママさんの心の支えになれば嬉しいです^ ^

 

吐き戻す原因は?

ではこの吐き戻しの原因はなんなのでしょう?

一番の理由は胃の構造!

赤ちゃんの胃は大人と違って蓋がなく、飲んだミルクを吐きやすい構造になっています。

なので赤ちゃんが吐き戻すのはよくあることで、心配はありません。

 

飲みすぎかも!

次の理由はミルクの飲みすぎかも。

赤ちゃんは大人と違って満腹中枢が未発達です。

なのでミルクを与えられると飲めるだけ飲んでしまいます。

どれくらいが適量かは体重の増え具合や、小児科で聞くなどで判断してみてください。

 

げっぷが上手くできていないかな?

3つ目はげっぷの仕方がまだ上手じゃないのかも。

胃の中の空気が上手く出さずに、ミルクも同時に出てきてしまうのかもしれません。

 

 吐き戻しの対策は?

とにかく頭を上にあげる!

胃の構造を考えると、身体を斜めにしてあげるのが効果的だそう。

そこでとっても役に立ったのが…こちら!

白井産業 日本製 のっけて授乳クッション カラードット ミルクティベージュ
by カエレバ

授乳クッション!

当初は授乳で使う予定だったんです。

でも授乳ではあまり使わず、お兄ちゃんのベッドとなっていました^ ^

 

この授乳クッションは柔らかさがちょうどよく、カバーが簡単に外せます。

とにかく何回も吐くので、洗濯のしやすさはとても助かりました。

 

ミルクを飲ませ終わった後、30分ほどそのまま斜めにしてあげるといいそうです。

 

途中でげっぷさせる

たまった空気を一気に出すとミルクも一緒に出てしまいやすいので、途中でげっぷをさせてあげるのも効果的でした。

 

哺乳瓶の乳首は大きすぎないものを

穴が大きいと一緒に吸い込む空気も多くなってしまうので、赤ちゃんにあったものを選んであげてください。

 

【番外】全体的にタオルをひいておく

もう毎回吐いてしまう赤ちゃんには、事前にバスタオルをたくさんひいておくのがおすすめ。

毎回シーツを替えるのは大変なので、出来ることはやっておいたほうが気持ちがラクになるとおもいます^ ^

 

 【まとめ】個人差があるので見守るしかない

赤ちゃんが大量に吐くとママは心配してしまいますよね。

もちろん病気が潜んでいることもあるので検診では相談してもらって、そこで問題なければ、ゆったりした気持ちで赤ちゃんと向き合っていくことが大切なんだろうな、と思っています。

 

頑張りすぎず、赤ちゃんを見守ってあげてください^ ^