*mix-twinsの成長*

*mix-twinsの成長*

2017.1.31 初産で男女の双子を出産したまりーです。毎日が慌ただしく過ぎる日々ですが、大切なこの時間を刻んでいきたいと思い、ブログを始めました。現在育休中の薬剤師です.

「胎児機能不全」だった双子の予後①〜妊娠中の経過〜

こんにちは^ ^

 

昨日は半年月齢が離れているお友達と遊んだのですが、小さい時の半年は大きいですね!

 

うちの双子ちゃんはまだしっかりした発語がないのですが、お友達は言葉でコミュニケーションとることができていました(o^^o)

半年後が楽しみだなぁ♪

 

*****************

 

うちの双子ちゃんは34wになった日

「胎児機能不全」と診断され、その場で入院となりました。

 

 

予想外のことだったので、びっくりしてネットでたくさん調べました。

ですが言葉の「定義」はたくさんのっていますが「具体的な事例」はなかなか探せず、

ものすごく不安になりました。

 

 

ママが一番不安だと思います。

 

 

自分のお腹の中で、心臓が、呼吸が止まってしまったらどうしよう…

 

何度も不安で泣きました。

 

ママにも赤ちゃんの異変は感じづらい症状なんですよね。

 

なので私の経験が少しでもだれかの不安を減らせることができれば嬉しいな、

と思い 何回かに分けて書いていこうと思います。

 

*****************

 

まず双子の経過です。

 

20w ♂267g

        ♀245g 

ここからずっと小さめでした。

 

 

 26w ♂ 808g

         ♀ 764g

平均約1000g

尿蛋白+でしたが様子みることに。

 

 

30w ♂ 1388g

       ♀ 1336g

平均約1600g

 

 

33w ♂ 1700g

        ♀ 1650g

平均約2000g

この時子宮頚管長 2.7㎝になったため、自宅安静

子宮底長 36㎝

 

 

最初から出産まで、ずっと2人とも逆子でした。

 

 

双子だと病院によっては管理入院が必須のところもあると聞きました。

私は出産予定の大学病院で検診も受けていたのですが、特に異変がない限り

37wで予定帝王切開、

その数日前から入院、という方針でした。

 

ちなみに双子だと帝王切開が必須の病院でした。

 

 

そして34wに胎児機能不全と診断されました。

長くなったのでその日の話はまた次回に(o^^o)

 

f:id:mix-twin:20180323103544j:image

 

帝王切開直前。

妊娠線はできませんでした^ ^